なかがみ みほ メールマガジン

2021.07.22

学びの価値を高めるためにしたいこと


-----------------------

Atelier Minhoan

『なかがみみほ メールマガジン』

「思い描いたことを、叶えていく」

グラレコや絵画制作をしています。

-----------------------

お客様の声

https://minhoan.fun/category/work/

サービスリニューアルしました

https://minhoan.fun/grarec/

note最新記事
「この価値は、お客様から教えてもらった」

https://note.com/minhoan/n/nb2ab56b88fd8

-----------------------


おはようございます。

なかがみみほです。

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。


私は先日、IPO(新規公開株)運用についての

初心者向けセミナーに参加しました。



「全くの素人が、ゼロから証券口座を開いて何をすればいいか」が分かったので、参加してよかったです!


この学びを、今後どう活かしていくかが鍵だと思っています。



さて、今日からの3日間は、「学びの価値を高めるためにしたいこと」というテーマで、連続でメルマガをお届けします。



1アクション3ゴール



なかがみの起業の師匠、川島彩さんのメンターである叶理恵さんから学んだことで、

「1アクション3ゴール」という考え方があります。

1回の行動で、角度の違う3つのゴールを設定するんです。


例えば、先に挙げた「IPO講座に参加する」という一つのアクションに対しては、


(1)「お金に働いてもらう」ための基礎知識をつける

(2)講師の方のセミナー進行や資料の良いところを見つけて、参考にする

(3)参加者のお話を伺い、自分が行動する際の参考にする


などのゴールが設定できると思います。

ゴール設定をすることで、「そもそも、何のためにこの場に参加したんだっけ?」と自分に問うため、学ぶ理由がはっきりします。

動機づけがしっかりできると、得た知識を活用しやすくなります。


ご自身が注力したいことには、1アクション3ゴールを設定してみてください。



ゴール設定のポイント


ゴール設定が難しいという方は、


・どんな知識を得たいのか

・学ぶことで何をしたいのか?

・なぜ書籍や動画でなく、その場に参加しようと思ったのか


を書き出してみることをおすすめします。




「学びの成果を出すには」


学びの場を有意義なものにするために、

重要なことが三つあります。



・そもそもどういう状態になったら、「学んだ成果が出た」と考えるのか

・何のために成果を出したいのか

・成果を出すと、どんな未来が待っているのか


ということです。




長くなってきましたので、この続きは

明日のメルマガでお伝えします。


*******************************

<グラレコセッション紹介動画>

https://www.youtube.com/watch?v=f6lcYtyKZHg


note

https://note.com

Twitter

https://twitter.com/tarach_up


Facebook

https://www.facebook.com/miho.nakagami.77